【最新】DAZNとDAZN for docomoの違い!ドコモユーザーでも通常DAZNがおすすめのケースも

【最新】DAZNとDAZN for docomoの違い!ドコモユーザーでも通常DAZNがおすすめのケースも

「プロ野球をリアルタイムで見たいから、DAZNに申し込もうと思ってるんだけど、なんか2種類あって…。どっちに登録した方がお得なの?」

このような疑問に対し、当記事では

  • DAZNとDAZN for docomoの違い
  • DAZN for docomoはドコモユーザー以外も登録できる?
  • どっちに加入するのがお得なの?

について解説していきます。

筆者について

・10年以上前からプロ野球に興味を持つ30代。
・月に1回以上現地で野球観戦。
・野球が好きすぎて、横浜スタジアムで係員をした経験あり。
・好きな球団は横浜DeNAベイスターズ。
・週1回草野球の練習に参加。

DAZNとDAZN for docomoの違い【ドコモユーザー以外も利用可】

両社の大きな違いは価格設定です。詳しくは以下のとおり。

※DAZN for docomoはドコモユーザー以外も登録できます。

サービス名料金
(税込み)
視聴可能球団視聴可能端末同時視聴見逃し配信巻き戻し登録から視聴まで公式サイト
DAZNDAZN
2,600円/月
年間プラン(月払い)

27,000円/年
年間プラン(一括払い)

3,000円/月
月間プラン
11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.アカウント作成
2.料金支払い
3.視聴可能
詳細を見る >>
DAZN for docomo
DAZN for docomo
月額3,000円11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.dアカウント作成(無料)
2.DAZN登録
3.DAZN料金支払い
4.視聴可能
詳細を見る >>

上記のとおり、料金以外のサービスの中身はまったく同じ。ただ、DAZN for docomoで視聴するにはdアカウントが必要になります。

ドコモユーザーであれば逆に登録の手間が省けるものの、それ以外のユーザーはまずdアカウントに登録。その後、DAZNに登録する流れなので少し面倒になってしまいます。

どちらに加入すべきなのか

どちらもサービスの中身はまったく同じなので、判断材料は利用料金のみ。2022年時点でDAZNを一番お得に利用できるのは、通常DAZNの年間プラン一括払いです。

27,000円の一括払いなので、月額に換算すると2,250円。通常価格よりも月額750円もお得になるので、結果は一目瞭然です。

通常プランと年間プランで1年間利用した場合

  • 通常 → 年間36,000円(月額3,000円)
  • 年間 → 年間27,000円(月額2,250円)

ちなみにDAZN for docomoには年間プランがありません。月額3,000円のプランのみなので、その点はご注意を。

【要注意】年間プランは一時停止機能が利用できない

年間プランは料金がお得になるものの、一時停止機能ができません。一時停止機能については以下のとおり。

DAZNの一時停止機能について

DAZNの一時停止機能はオフシーズンに解約しないで、利用のみを停止できる機能のこと。これによっていちいち再登録する手間が省けるメリットがあります。

ただし、以下に当てはまるユーザーは一時停止機能が利用できません。

  • 年間プラン利用者
  • DAZN for docomo利用者
  • POVOで契約している
  • コミュファ光経由で契約している
  • ケーブルTV局経由にて支払い
  • スポナビライブから移行している
  • Apple経由(iTunes決済)にて支払い
  • Amazon IAP決済(アプリ内決済)にて支払い
  • Google Play アプリ内課金にて支払い
  • ギフトコード利用中
  • モバイルキャリア決済にて支払い

※一時停止機能は最大6ヶ月まで利用できます。

ぶっちゃけ、年間プラン以外に当てはまる方は一度オフシーズンに解約してまた加入し直せばOK。手間がかかるだけでそこまでデメリットはありません。

しかし、年間プランは前払いなのでオフシーズン分も料金を支払うことになってしまいます。

なので、

  • プロ野球の視聴だけが目的 → 月額プラン
    ※通常DAZN、ドコモどちらでもOK
  • サッカーなども視聴する → 年間プラン

という判断基準がおすすめ。

そのため、プロ野球だけを見るのであれば、通常DAZNとDAZN for docomoのどちらに加入してもまったく変わらないということになります。

サービス名料金
(税込み)
視聴可能球団視聴可能端末同時視聴見逃し配信巻き戻し登録から視聴まで公式サイト
DAZNDAZN
2,600円/月
年間プラン(月払い)

27,000円/年
年間プラン(一括払い)

3,000円/月
月間プラン
11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.アカウント作成
2.料金支払い
3.視聴可能
詳細を見る >>
DAZN for docomo
DAZN for docomo
月額3,000円11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.dアカウント作成(無料)
2.DAZN登録
3.DAZN料金支払い
4.視聴可能
詳細を見る >>

【裏技】DAZN for docomoを紹介して月額料金をカバーできる

突然ですが、ドコモアフィリエイトをご存知ですか?これはドコモが運営するサービスで、商品を紹介すると報酬が受け取れるというもの。

実はその商品の中にDAZN for docomoも含まれておりまして…。なんと1件紹介するごとに1,650円も報酬が貰えてしまいます。

しかも、紹介できる媒体はかなり豊富。

ドコモアフィリエイトを紹介できる媒体

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE
  • メール
  • +メッセージ/SMS

dアカウントさえ持っていればどなたでも参加できるので、うまく紹介できればDAZNの料金をペイできます。

詳しいやり方は以下のドコモ公式ページをご覧ください。

dアカウントの用意のみで誰でも参加できる

無料でドコモアフィリエイトを始める

ドコモアフィリエイトで紹介できるサービス(一部)

  • DAZN for docomo
  • ahamo
  • ドコモ光
  • d払い
  • dマガジン
  • dTV

※報酬額は ドコモアフィリエイト に無料登録後、ご確認ください。

【まとめ】プロ野球しか見ないならDAZNはどちらでもOK

DAZNは2種類あるものの、サービス内容に変化はありません。ただし、通常DAZNにある年間プランの方が料金がお得です。

しかし、プロ野球しか見ないのであればオフシーズン分の料金も支払うことになってしまうため、

  • プロ野球の視聴だけが目的 → 月額プラン
    通常DAZN、ドコモどちらでもOK
  • サッカーなども視聴する → 年間プラン

という判断で検討してみてください。

また、DAZN for docomoに加入する場合、ドコモアフィリエイトで紹介することもできます。知り合いが少なくてもSNSを使えば不特定多数に紹介できるので、判断材料の一つにしてみてください。

サービス名料金
(税込み)
視聴可能球団視聴可能端末同時視聴見逃し配信巻き戻し登録から視聴まで公式サイト
DAZNDAZN
2,600円/月
年間プラン(月払い)

27,000円/年
年間プラン(一括払い)

3,000円/月
月間プラン
11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.アカウント作成
2.料金支払い
3.視聴可能
詳細を見る >>
DAZN for docomo
DAZN for docomo
月額3,000円11球団※広島カープ主催試合のみ視聴不可スマホ
パソコン
タブレット
テレビ(専用端末必要)
2台まで可能1週間後まで可能可能1.dアカウント作成(無料)
2.DAZN登録
3.DAZN料金支払い
4.視聴可能
詳細を見る >>

dアカウントの用意のみで誰でも参加できる

無料でドコモアフィリエイトを始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)